日本の太陽光の発電力が凄い!どんどん進化しているソーラーパネル

- 日本独自の進化を遂げた太陽光発電

日本独自の進化を遂げた太陽光発電

エコのための運動や、システムなどの進化は絶えず起こっており電気発電の常識になりつつある太陽光発電という物についてもどんどん進化して来ているんですね。
使い易さや、ソーラー設備の値段の安さもそうなのですが更にソーラー設備の性能や設置の方法などもどんどん新しい物が出来上がってきており、より効率的な太陽光発電という物ができるようになってきているというわけです。
特に、日本では独自の進化を遂げて来ている物というエコのやり方が太陽の光を利用したソーラー設備なのです。
どういうことかというと、日本家屋というのは他の国に比べるとかなり特殊で屋根の大きさや形などというのは結構違うんですね。
日本の、土地の特徴で土地が狭い割に人口数が多いので家が狭く小さくなってしまうというような形になるのですね。
欧米は、基本的に土地が沢山あるので家も大きくその分屋根の面積も広いのでそれだけソーラー設備も沢山取り付けることができるというメリットがあるわけです。
その点、日本の家屋の殆どが家自体が小さく屋根もそれほど広くないのでソーラー設備を取り付けるだけの面積も小さくなってしまう、というようなデメリットがあるので欧米に比べるとややソーラー設備を使ったエコの発電ということに対して遅れをとっていた理由の一つでしょう。
しかし、そんな日本の家屋の特徴を捉えたことでそれに応じたソーラー設備を開発し、進化して来た結果今では、日本国内の一般家屋でも十分に太陽の力を使った発電でも電力を供給できるような形になったのです。
より、性能が高く良質なソーラー設備を使うようになったことで従来の太陽光発電比較で比べて1.3倍の搭載量と1.4倍の発電量を確保することができるような進化を遂げている、ということなのです。
そして、更に日本の技術の得意技の一つである軽量小型化という物も生きて来ているのです。
最新式のソーラー設備は、大きさだけでなく重さに関しても軽減しており従来のソーラー設備に比べるとおよそ35%も軽い物を作る事に成功しているのです。
ソーラー設備一枚当たりの重さも軽いということはそれだけ屋根にかかる負担も軽くなるということなので取り付けをしていくのも非常に簡単、ということなのですね。
更に、ソーラー設備自体が非常に長持ちするような工夫も凝らされており耐久性はもちろんですが雨水を利用して汚れを洗い流してくれるような仕組みにしたりすることで常に太陽の光や熱を吸収しやすいようにしたりするなどして性能が落ちにくい工夫もあるのです。